• 2004年新潟県中越地震
新潟県長岡を中心とした地震発生後の2004年10月23日、NPOサビジャは、現地の緊急避難場所に集まったいた在日ブラジル人達の状況を確認し、支援する為に、ボランティアを数名派遣した。
 
14日間、計6回に渡り、医師、心理学者によるキャラバンを行った。心理学者によれば、多くの被災者はトラウマによるストレスに苦しんでいると考察した。
 
12月24日には、被災者を元気付けるため、クリスマスの催しものを行った。
 
  • 2009年~2010年食料配給
理事アナ・エリーザ氏のイニシアティブより開始されたこのプロジェクトは、経済不況の影響で、財政的に生活が難しくなった多くのブラジル人家族を支援する目的で実施された。
 
食料獲得には、NPOサビジャからだけではなく、NPOセカンド・ハーベスト・ジャパン、リードオフジャパン等のスポンサー企業、海外日系人協会等の団体、ブラジル人、日本人個人の方々を通して頂いた寄付で賄った。
 
毎月の食料配給範囲は、滋賀県長浜、茨城県水海道、群馬県太田、静岡県菊川の地域に渡り、その配給先の世帯数は136に上った。
 
 
ポルトガル語

Deixe um comentário

O seu endereço de e-mail não será publicado.