青少年フェスティバルは、大泉のNPO、地域の日本人学校、ブラジル人学校と共に、SABJAによって始まった。その目的は、若者のブラジル人としてのアイデンティティー確立と、日本とブラジル文化の交流奨励である。

フェスティバルは、年間行事であり、ブラジル人学校や日本人学校の生徒たち、コミュニティーグループのメンバーたちが、地域の人々に対し、決められたテーマの下、音楽や演劇、ダンスを発表する。第1回フェスティバルは2002年群馬県大泉にて開催され、現在は第6回まで行われている。

地域に住む若者の非行数が顕著に減少したと言った、フェスティバルの成果は、静岡県浜松市や長野県伊那市等、他の地域でのフェスティバル開催実現への一歩となった。

他にも、日本ブラジル交流の成果も挙がっている。例の一つは、日本人学校の参加や琉球伝統太鼓を演奏するDARC(薬物中毒リハビリセンター)の継続的な参加である。

フェスティバルの歴史:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。