第二回在日ブラジル人学生セミナー

  ______①. 第二回在日ブラジル人学生セミナー ______②. 開催日時・場所 ______③. 申込み ______④. プログラム  ______⑤. 講演者 ______⑥. 後援・主催 ①. 第二回在日

群馬県大泉

第8回 青少年フェスティバル 日 付: 2009年10月4日 テーマ: 団結 第7回 青少年フェスティバル 日 付: 2008年10月5日 テーマ: ブラジル日本交流100周年 第6回 青少年フェステ

少年院慰問

シスター毛利よし子によって久里浜少年院に収容されている若者慰問は行われ、その目的は教育的、心理的活動を青少年と一緒に行うことである。 又、横浜DARC(薬物中毒リハビリセンター)や在京ブラジル大使館支援チームのスタッフが

青少年フェスティバル

青少年フェスティバルは、大泉のNPO、地域の日本人学校、ブラジル人学校と共に、SABJAによって始まった。その目的は、若者のブラジル人としてのアイデンティティー確立と、日本とブラジル文化の交流奨励である。 フェスティバル

料理

このワークショップは、若者の参加者たちに料理の実技を通して、材料やレシピの準備テクニックに親しんでもらい、ブラジル料理を紹介する目的を持っている。

ビューティー

このワークショップは、講演と実技を通して、自己表現と自尊心の付加価値に関する情報を提供し、ボランティアBianca Ishidaによって提供された。 2006年11月、プロジェクトJES XXIのイベントで、”完璧な肌の

ラテンリズム

講師Niltaが指導にあたっているこのワークショップは、ブラジル人や日本人コミュニティーへブラジルやラテンのリズムダンスを学ぶ機会を与えた。フォフォやサンバ、サルサ、その他ラテンアメリカカルチャーで世界中でも知られている

太極拳

この武術は、動きにおける瞑想と言う形で知られている。心に平静を保つのが難しかったり混乱する環境に生きる人々の間で人気があり、精神安定と健康促進の目的で特に西洋では高く評価されている。 このワークショップの指導には、講師C

ブラジルカルチャー・アートのワークショップ

ブラジルカルチャー・アートのワークショップは、若者のエネルギーを興味のある方向へポジティブに向かわせ、又、ブラジルカルチャーに親しみ、自国に誇りを感じられることを目的に、開始された。 HipHopや演劇、音楽から始まった